Designed by sweeping.com
リビングの大掃除
今年も大掃除の時期がやってきましたね。
いつも細目なお掃除をしているつもりでも、ソファの下、テレビの裏、フローリングの木目汚れといったような、隠れたスペースを覗いてみた時にいかがでしょうか、お客さんを通せる部屋じゃないと思ったら要注意です。特にリビングは家族の過ごす時間が多いところですから、ゴミは必然的に出やすく、それが風に吹かれた際に吹き溜まりが起きやすいのです。

さぁ、それではリビングの大掃除を始めていきましょう。
要らなくなった物を部屋から出す、捨てるところから始めます。次に、どこの部屋にも共通して言えることですが、掃除は上から行うのが正解です。
たとえば床を掃除した後に電球掃除をして埃を床に落としてしまったら台無しですから、その部屋の一番高い物から埃を取り始めます。この際にまず、「乾いた布」を使います。濡れた状態だと埃をそこに留まらせることになりますから、埃がある程度取れた事を確認してから、濡れ雑巾(水気をよく切ったもの)で拭いていきます。また、落書きなどの細かい汚れはハブラシを使います。
最後に、床がフローリングの場合はワックスをかけることで、見た目が綺麗になるだけでなく傷を防ぐ効果が得られます。
大掃除で家具を移動する方法
大掃除ともなれば、普段は移動しない家具を動かしてすっきりと掃除をしたいですよね。でも、大きな家具を移動するのはなかなか大変です。家具を動かすのに苦労してしまって、結局疲れてきちんと掃除まで手が回らなかった、というようなことがないように、効率的な移動法を考えることが必要です。
そんな時、家具の移動をスムーズに行えるアイテムを利用する方法があります。動かしたい家具の下に貼り付けたり、挟み込んでセットすることによって家具が動かしやすくなるアイテムがあるので、そういったものを利用すると、大きな家具でも楽に移動することができるようになります。こうしたアイテムを使うと、女性でも簡単に家具の移動ができるのでとても便利です。
このようなアイテムを買いに行く時間がない、そもそも大掃除にそれほど時間がかけられないという方は、家具の模様替えにも利用できるサービスを活用する方法もあります。一人では時間も手間もかかる家具の移動も、このサービスを利用すれば手早く簡単に移動ができ、掃除も楽になります。あわせて不用品の整理をサポートするサービスもありますので、一緒に利用すれば、大掃除のための時間があまり取れないという方でも簡単に掃除を完了することができます。